自分らしく生きていいかな

自分らしく生きていいかな

社会人3年目。好きなものに囲まれて暮らしたい。

【植物を枯らしてしまうあなたへ】植物を育てる時に知っていてほしい3つのこと

 

皆さんは、お家でお花を育てたことがありますか?


可愛らしいお花が咲いていると、それだけでうれしくなってしまいますよね。


けれど、毎日忙しく過ごしていると初めはうきうき見ていたお花に目を留めるのを忘れてしまうこともあると思います。

 

私は学生の頃から植物を育てていますが、気が付くと葉っぱがしおしおになっていた、茶色くなって枯れてしまっていた……そんな体験をしたことがあります。

 

元々、面倒くさがりなので毎日何かをするというのが苦手なんですよね。

 

それでも、部屋にはいつも何らかの植物がいます。


家にいる植物の中で一番長くいるカランコエはもうすぐ3歳。

 

植物との付き合い方も少しずつ分かってきたような。

 

今日は、なぜか植物を枯らしてしまうあなたに、植物を育てる時に知っていてほしいことをお伝えしたいと思います。(今回のお話は植木鉢で育てている方を想定しています。)

 

【目次】

植物を育てる時に知っていてほしい3つのこと

①まずはその植物がどんな生活が好きかを知ろう

f:id:wn0215tm:20171019123416j:plain

植物によって、育ちやすい場所が違うことを知っていますか?


お日様が好きな子、お日様は苦手な子、温かいのが好きな子、寒いのが好きな子。


同じ季節にで同じお店に売っていたとしても、みんな違います。


植物の名前が書いてある札(ラベル)の裏に育て方が書いてある場合も多いので、まずはそれを見てみましょう。


インターネットでも育て方を分かりやすく説明しているHPも多いので、お時間があればぜひ調べてみてください。


植物にあった環境に置いてあげるだけで、生き生きとしてくると思います。

 

②次に水やりをマスターしよう

基本中の基本と思われている水やり。


水は植物にとって「ごはん」のようなもの。あげなければ枯れてしまいます。


けれど、私たちが食べすぎるとお腹が痛くなったり太ってしまったりするように、水のやりすぎもよくありません。


土が湿っていないとだめな植物、土が乾燥していた方がいい植物、と色々ありますが、一般的には「土の表面が乾いたらたっぷりと水を与える」のが正しい水やりです。


そのため、気温が高く土が乾きやすい夏は水やりの頻度は多くなり、気温が低く土が乾きにくい冬は水やりの頻度は少なくなります。

 

私が植物を育てていて思うのは、植物は意外と乾燥に強いということ。


何日か水やりを忘れてしおしおになってしまっていても、気付いた時に水やりをしておくと、そのあと元のように葉っぱが元気になっていたりします。

 

水やりちょっと忘れちゃったな、と思っていても、諦めずに水をやれば元気を取り戻してくれるかもしれませんよ。

 

③終わった花は次の花のためにきちんと摘み取ろう

f:id:wn0215tm:20171019124503j:plain



植物を選ぶ時、咲いた花が「可愛いな」「綺麗だな」と思って購入するのではないかなと思います。長く花を楽しめる植物の多くは、次から次に新しい花を咲かせ私たちを楽しませてくれます。


花びらが散り、咲き終わった花(花がら)をどうしていますか?


咲き終わり元気をなくした花は見栄えを悪くするだけでなく、植物自身を病気にしてしまうことがあります。

 

また、咲き終わった花は、そのまま残しておくと種を作ろうとします。種を作るということは、子孫を残すということ。とてもエネルギーを使う活動です。

 

もし、その花をもっと長く見ていたいと思うのであれば、咲き終わった花は種を作る前に摘み取ってしまいましょう。

 

これからの季節だとビオラ」や「パンジー」が簡単でおすすめです。


ハサミを使うことなく指でつまんでとることができます。

 

余談ですが、私はビオラの花がら摘みが一番好きです…!(笑)


私がしている水やりを忘れないための工夫

水やりをする、という今までしていなかったことを毎日続けるのは結構大変。

 

私は未だに忙しくなると、植物がいるのはわかっていても水やりを忘れてしまうことがあります。

 

けれど、せっかく買ったお花だから、なるべくなら最後まで咲き続けてほしい。

 

そこで、ついつい忘れがちな水やりを少しだけ忘れにくくするために私がしている工夫を2つご紹介します。


①花の横に水を入れたペットボトルを置いておき、思い出したらすぐあげられるようにする


→水やりをしたらそのままペットボトルに水をくんで、次の日のセットをしてしまいます。水を汲みに行く、という手間がない分、行動に繋がりやすいです。

 

 ②既に毎日習慣化されていることとセットにして水やりをする


→私は、朝の歯磨きをしながら植物を眺めて、水やりが必要だったらそのままあげるようにしています。


それでもやっぱり忘れちゃうずぼらさんには…!


水やりの頻度が少なくても平気な丈夫な植物を育てる、ことをおすすめします。


多肉植物や観葉植物が手を出しやすい気がします。

 

私が育てている「カランコエ」も多肉植物の仲間です。お花も可愛らしく、少しくらいほったらかしでも大丈夫。


何を育てようかな、と迷ったらぜひお店で探してみてください。

 

「植物を育てる時に知っていてほしいこと」まとめ

植物を枯らしてしまうあなたに、私から伝えたい3つのことは…

 

 1.その植物がどんな生活が好きかを知る

  2.水やりをマスターする

  3.終わった花は次の花のために摘み取る

 

特に忘れがちな水やりを忘れにくくする工夫とは…

 

  1.花の横に水を入れたペットボトルを置いておき、思い出したらすぐあげられるようにする

  2.既に毎日習慣化されていることとセットにして水やりをする

  

 

いかがでしたか?植物を育てる時に思い出してもらえたらうれしいです。

 

植物と暮らすのが楽しくなりますように。

 

nonoでした。読んで頂いてありがとうございました。

 
 
ランキングに参加しています。


にほんブログ村